AATQLUV
TEST ●FLYER DESIGN  ●PHOTOS  ●MEMBERS&WORKS  ●GUESTBOOK
love  topic  log  link  other #
<< 20日 | main | ∈¨lllllllll >>
#2015.04.01 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / -
#2007.04.30 Monday
こにちわ、わたし、名前、べえ
昼寝をするなら3時前に20〜30分がベストよ
さあ、本を紹介します

1つめ
シートン動物記(ア-ネスト・トムソン・シ-トン 出版社はいろいろ)
小学校の図書室に、かならずあったはずなのに、表紙は古ぼけ分厚いし、読んだことなかった方も多いのではないでしょうか
これは本当に素晴らしい本です
出版社によって入っている話が違うかと思いますが、たいていのっけはオオカミのロボの話です
話は予想がつきます
最初から最後まで、本当にロボはかっこいいに違いない、と
読みを裏切られない快感が、この話からは得られるんちゃうかと思います
それから、これがフィクションではないこと、が、じんわりきます
しかし、私が思うにシートン動物記はここからです
つかみのロボの話では、どうしても、ロボのかっこよさに目がいきますが、次へと読み進めていくうちに、ああ、かっこいいのはシートンもである、と気付きます
動物についてどんどん書かれているだけで、彼の生き様や格言なんてでてこんのですが、スーパー冷静にウルトラ熱く、楽しんで深いとこまで研究追求探究する男は、若干の気持ち悪さもあれどやはりどうしても魅力的なのだと思い知るのです
どの話をとっても本当におもしろいです
私が好きだったのは、カラスの言葉を楽譜のようにして解明しているものです

2つめ
黒い郵便船(別役実 三一書房)

中学国語の教科書に、『空中ブランコ乗りのキキ』という話が入っていたかもしれません
その作者です
すごく静かにすすむ短編集です
ただ、表題作以外は、好きではあるんやけど、特におすすめはしません
しんどければ先に黒い郵便船を読んだ方がいいんちゃうかな、と思います
独特としかいいようがないです
暗いしさみしいんですが、うっとおしい感じではなく、ものすごく綺麗で優しくて賢い
もしも読んで気に入ってくれたなら、『そよそよ族伝説(三一書房)』もおすすめします

3つめ
なんで英語やるの?(中津 燎子 文藝春秋)

タイトルからは否定的な感じに見えるかもしれませんが、決してそうではありません
これは外大図書館にあります
同じような繰り返しが多いのでいらっとすることもありましたが、これは本当に読んでよかったです
外大にきたのならこれは読むべきだ!と、強気な発言をしてしまいそうなくらいです
心はちょっとどうだか分からんが、脳みそがゆさぶられます

読んでみたい方は、貸すので言うてくださいね
では
comments(1) / trackbacks(0)
#2015.04.01 Wednesday
- / -
Comment
ファーブルは読んだことあるけど、シートンは読んだことないなぁ。なんで英語やるの、時間があったら読んでみるよ。
quei | 2007/05/01 10:25 PM
Speak Your Mind...









Trackback URL
http://aat.jugem.jp/trackback/138
Trackback