AATQLUV
TEST ●FLYER DESIGN  ●PHOTOS  ●MEMBERS&WORKS  ●GUESTBOOK
love  topic  log  link  other #
<< music is my sanctuary vol.4 | main | WEBRADIO >>
#2015.04.01 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / -
#2007.02.17 Saturday
どうも、黒人音楽大好き24歳、藤本QUEIです。

この度、長らく温めておった企画、音楽夜話、を、
ベェの熱い要望にお答えするべく、
第1回、2月20日、19時〜@マイルームにて、開催いたします。
この音楽夜話は、現在曖昧に使われているジャンルの
再確認・整理・再検討・再定義などを目的とした座談会(という名の飲み会)です。
音楽に興味がある人は是非ノートとペンを持ってご参加ください。
第1回目のジャンルは、これもベェの強い要望により、
ニューウェーブ(パンク)を企画しております。
講義は、元NWパンクスの私めが担当させて頂きます。
参加希望の方は、ニューウェーブ(それに関連するものならなんでも)
について、好きに調べていただき、当日資料やら音源を持って来てください。
別に何も持ってこなくてもいいです。
但し、最低限として、ウィキペディアで、
「パンク」と「ニューウェーブ」について調べてきてください。
次回のテーマジャンルとしましては、
『ソウル』、『ヒップホップ』、『ファンク』、
『ジャズ』、『フュージョン』、などを考えております。
参加の旨、リクエストは、直接私の携帯のメールに送ってください。

まぁ、ニューウェーブって、いきなり言われても、想像つかんやろから、
軽く紹介。

Gang of Four / To Hell With Poverty (1981)

裏ニューウェーブパンクの王道(UK.NW.PANK)
実は、私、高校時代に、こいつらとTalking Headsの影響で、
その後Funkにのめり込み、黒人音楽を愛するようになったのです。
この時代に、もうフェードバック剃刀ギターをかき鳴らし、
ブリブリベース、Funkビートで押し寄せるパンクスタイルに、当時の私は
メロメロでした。動きもイイネ。
ベェは、もう少し後期のエレクトロっぽいのが好きかもね。
こいつらの「Is It Love?」とか聴いてみるといいかも。



んでTalking Heads / this must be the place (1984)

この人たちは、もともと70年代中期にニューヨークパンク(パンク創生)バンドとして
活動していた人たち。70後期から、徐々にブラック色が強くなり、
80年代に入る頃には、アフリカンミュージック(アフロビート)までを、
取り込み、表ニューウェーブを率先してきた第一人者。
アート色の強いインテリパンクバンド。
これは、1984年、「Stop Making Sense」の映像。
「Stop Making Sense」については → リンク
「Stop Making Sense」は99年にデジタルリマスター化され、
世界で再び上映される。
もちろん大阪でも上映され、私は友達と梅田に観にいきました。
このライブドキュメンタリーフィルムは、すごいおもろい。
1曲目は、名曲「Psycho killer」で、何もない舞台で、
ボーカル一人がラジカセで歌ってるだけなんですが、
曲を重ねるごとに、舞台設営やら、人数やらが増えていく、
面白いライブ。上の映像は後半の曲なので、
人も舞台もかなりええ感じに出来上がってますね。
音楽に興味ない人も、アート感覚で観れるライブです。
ニューウェーブ独自の素っ頓狂ボイスは、
おそらくこの人(デヴィットバーン)が最初。やっぱ、動きもEネ。



DEVO / Satisfaction (1978)

70年代後期に突如現れた、表ニューウェイブオブニューウェイブバンド、
ニューヨークパンクのエッセンスをしっかり取り込み、
人力テクノとしてそれらを表現。
上記の二組のバンドが、エスニック性を求めた文型new-waveなら、
DEVOはテクノロジー性(サイエンス性)を求めた理系new-waveと言えるでしょう。
日本の某ポリシックスは、まんまパクリですね。
ま、テクノロジー性を求め、人的な部分を排除する流れは、
ドイツなどでは、以前からノイ!のハンマービートや
クラフトワークのエレクトロビートがあったんですがね。
そこらへんは、座談会で。
んで、もちろん、この曲は、ローリングストーンズの、あの有名な曲のカバー。
全然原型ないですね。やっぱり動きがいいです。

何となくニューウェーブというものが見えてきたでしょうか、みなさん。
要は、変な動きと、素っ頓狂ボイスです。
では最後に、愛しのベぇの好きそな映像でお別れです。



DEVO /「Jocko Homo」(1978)
comments(4) / trackbacks(0)
#2015.04.01 Wednesday
- / -
Comment
ありがとう、パパ
やっぱり、ニューウェーブ、かっこいい、きもちいい
年寄りになったら、縁側で、ニューウェーブききながら、しかも耳遠なっとるから爆音で、ご近所にニューウェーブばあさんとか言われて、半笑いで、死のう
ベイブ | 2007/02/17 11:17 AM
Comment
サイボーグじいちゃんみたいやな、それ。
quei | 2007/02/18 2:30 AM
Comment
いやあなんだかんだで、成功しましたね、第一回NEWWAVE。
この分だと第5回を迎える頃には、きっと一年生たちが未来を担う音楽エリートになっていることでしょう。
次回の第二回フュージョンも楽しみです。
toyo | 2007/02/21 9:00 AM
Comment
いやぁ、何事も初めてで、手探り状態となってしまいました。全体的にまとまりがなくてすまんかったね。
ニューウェーブの良さを2割も伝えれんかったよ。
でも、座談会を通して、何となくニューウェーブの全体像は、
見えたのではないか、と。
しかしま、いろんな反省点を踏まえ、次回に生かしましょう。
来てくれた方サンキュです。
quei | 2007/02/22 1:09 AM
Speak Your Mind...









Trackback URL
http://aat.jugem.jp/trackback/128
Trackback